僕は、”ただしく”愛せない




自分の弱さにあきあきするほど
こんなにも、君を器用に愛せない

正しい愛しかたがわからない
まちがないなんてないんだよ、と君は言うけど
僕はどうして、君を愛することにこんなに戸惑うの
迷うの、怖いの、苦しいの

それはやっぱり、自分の愛し方がまちがっているって
気付いてるからじゃない


ほしいのは”たくさん”じゃない
”きれい”じゃないよ
僕のためにすこしだけ
君の時計の針をとめることなんだ

息をきらした君がみえたら
僕はきっとまっすぐに、君に好きと言えるのに



イヤならやめよ
つらけりゃ離れて、忘れよう
でも、僕の弱さがそうさせない



君が柔くやさしくあるたびに
僕は気付いてしまうんだ

あぁ、ほんとうに
ほんとうに欲しいのは
ただ、君が好きと言ってくれることだって

そして僕は、今このときも、まちがっているんだって



ごめんね

僕はきっと、誰も”ただしく”愛せない






簡単に言えば、こういうことかな。
とても、悩んでいるけれど具体的には書けない。
わたし、やっぱり間違っているから。
ひさしぶりにこんなの書いて、すこし楽になったー






photo [戦場に猫]

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー